新宿の奥で眠る1枚のアルバム

投稿日 by admin

新宿が必要ない場合、それは壊れません

クローゼットの奥で眠る1枚のアルバム

中学校の卒業アルバムの本

それはアルバムの最後のページです
“新宿の未来?”
のページ。

そこに書かれた15歳の少年の夢
「No.1ホスト感嘆符×2」
ありました。

白銀屋(新宿)

今戻ってみると、一般人の夢は、
プロ野球選手になる、
プロのサッカー選手だから、
ダロには別の夢がありました(笑)

私が中学校にいた時、私の同僚と
「一緒にホストに行きましょう。ある日、一緒にお店があります
新宿は夢を語ったその時… ….

私がソーシャルワーカーになったとき、私はホストだと思った私の夢の一つだったアパレルの世界に行きました。

店員として勉強しながら、デザイナーとして勉強し、いくつかの資格を取得し、現在職業アパレルやアパレルデザイナー。

私はアパレルの世界で8年間働いていて、階段を上って私のためにうまく行くつもりです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です